リンパマッサージ

人間の体全体には、リンパ管が張り巡らされています。その管の中には、リンパ液が循環しています。リンパ液は、体内で不要になった水分や老廃物を運ぶ役割を持っています。リンパ液はリンパ管を通り、各所にある中継基地点のような役目を持つリンパ節を通って腎臓にたどりつきます。その後、老廃物などは腎臓でろ過され、膀胱を通り、尿となって体の外に排出されます。 つまり、リンパは、体内にある不要な物質を回収して体の外に出してくれる、お掃除をしてくれるという役目を持っているのです。
 しかし、リンパは血液とは違い、心臓のようなポンプの役割を果たすものがありません。周囲の筋肉の動きによって長され、ゆっくりと循環しています。そのため、循環が悪くなることが多いのです。このリンパの循環が滞ったらどうなるでしょうか。体の中に老廃物などが蓄積されてしまい、体に不調が生じてしまいます。そのように、リンパの循環が悪くなり、不調をきたしているときに、手によって患者さんの皮膚に刺激を与え、リンパの循環を促進させるというのがリンパマッサージです。不調がまだ生じていないけれども、リンパの流れが悪くなっているという時にリンパマッサージをおこなうことで、不調や病気を予防できるという側面もあります。

ホームに戻る