リンパマッサージとは

リンパとはリンパ液とも呼ばれる、血液と共に体中を流れているものです。血液もリンパも、最終目的地は心臓です。
しかしリンパは血液のように心臓による強力なポンプで体中を循環しているわけではなく、動脈管の血圧や、筋肉の収縮などによる血液と比べると弱いポンプで巡っているため、滞ってしまったりすることもあります。
リンパは老廃物を運び、排出を促したり、タンパク質を運んだり、細菌から身を守ってくれていたりしますが、滞ってしまうとむくんでしまったりして、体にもよくありません。
そこで有用なのが、今回の主題であるリンパマッサージです。
先程も述べた通り、リンパは強力なポンプがありませんので、外からの圧力による助力によっても流れていきます。
リンパマッサージは専門的なものから簡単なものまで幅広くあり、簡単なものは自宅で、自分で実践することも可能です。
体中のほとんどのリンパは鎖骨に到達した後に排出されます。ですのでまずは鎖骨の下にあるリンパ節と呼ばれるところに圧力をかけ、揉みほぐすことによってリンパの詰まりを解消し、開放することが大事です。
そこから全身のリンパに波及していくという順番でやっていきます。
ただし圧力をむやみやたらにかければいいというものではありません。
手先や足先などの毛細リンパ管などは皮膚のすぐ下にあるので、優しくなでるような刺激だけでも効果があります。
刺激が強すぎると組織を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。
リンパマッサージと上手に付き合い、体のむくみなどを解消しましょう。